魔性のリール

戻る

 こちらは9月30日以来の禁漁の日々で、管理釣り場やメバル釣りでネイティブトラウトに会えないモヤモヤを解消していましたが、11月29日に禁漁にならない湖に行ってきました。

 夜通し走り、現場で一眠りをして明るくなり始めた6時半に釣り開始。リールはもちろんABU508。

 普段は何をするのにも右利きですが、片手投げ竿は左投げ、両手投げ竿は右投げ、リールの巻上げは右手なので、右巻きの508は増殖している500シリーズの中では出番が多い存在です。

 10lbラインの先には行きつけの釣具店の社長さんからいただいたパニッシュ85F。
 釣り前に湖を観察していると何かが跳ねているのが見えます。これにはテンションが上がります。

 2投目に軽いトゥイッチをしているとガツンと何かが当たりました。
 派手なジャンプを披露したのはニジマス、黒点の少ないまるでホウライマスのような銀ピカの47cmの固体でした。

 魚があまり引かないのか、508が強力なのか、あっさりと寄せることができました。

 このリールを使うとなぜか魚が釣れます。

 魔性のリールと呼んでいますが、これからも魔性を頼りに魚を釣り上げたいと思います。

 北の台地の湿原に立つ日を夢見て・・・

2008.12.1 carrera930