釣果報告 2010年某日

戻る


むぅさんからの初投稿です(^-^♪
 

505でイメージする釣りってどんな釣りでしょか? 私的にはゆるーい釣りのイメージ。

アングラーよりはむしろファミリーキャンパーがお似合いな感じ。高原の湖で小さい魚を釣って喜んじゃうような。

決して大きい魚を釣ってはいけません。

そういやあの本でも、避暑地の湖で「こまっしゃくれたスモールマウス」なんかを釣ってたんじゃなかったかな?

しかし、なかなか青森ではそんな場所が見つかりませぬ。

そんなわけで、505では一度ちいさいダム湖で岩魚を釣っただけで、しばらくお蔵入りになっておりました。

 

がっ! 

ジャストそんなシチュエーションに行く機会を得たもんで、ABU505をこれまたゆるーく曲がるFenwickのFS70に載せてちょいと投げてきたのです。



どうです? Abuの広報誌タイトラインに載ってそうな景色でしょ?

場所はアメリカロッキー山脈の中で標高3,000 mくらいのとこ。

そんな高地に雪解け水がたまってできる高層湿原の湖が数百個あって、その中の半分以上にトラウトが放されてるのですよ。

この辺のネイティブはCutthroat troutと三平にもでてきたGolden trout。ではあるのですが、

何日もバックパックして秘境に入らないと釣れない幻のGolden troutはまた別の世界。

505的には放流もののBrook troutくらいがお似合いかと


本来は東海岸の魚ながら米国人には人気があるらしく、西海岸のロッキーでもBrookが放流されてるようです。

稚魚放流したのが1,2年で8寸から尺ちょいのパンサイズとなってキャンパーの胃袋に入るわけですな。

湖には丸いの長いの深いの浅いの。

ハイキングしながらいろいろな湖を釣りまわるのもよし、一カ所で何泊もキャンプしてのんびり過ごすのもよし。

高層湿原をぬって歩くコースには高山植物の花


ちなみに水芭蕉はスカンクフラワーといって嫌われてます。スカンクみたいに臭いからだとか。ホントかいな???

もうちょい子供が大きくなったら連れてきたい、そんなとこでありました。

505なら初めて釣りする子でもきっと釣れるんじゃないかなあ。